防犯ガラス『セキュオ』とは・・・

「侵入に5分かかると、7割のドロボウは諦める」というデータがあります。

防犯は、カギの強化だけでは不充分です。
ガラス破りによる犯罪も増加しています!
一階の勝手口ドアは、周囲から死角になっている ことが多く、狙われやすいようです。
実際、ドロボウ被害に遭い、当社へガラス修理依頼をされるほとんどのお宅が、この場所のガラスなんです。

ガラスの防犯対策として、「網入りガラスへ交換したい」というご相談をいただくことがあります。
網入りガラスとは、金網を封入したガラスのことですが、本来このガラスは火災による延焼防止目的として、採用するものです。
金網はカンタンに切断できるので、防犯性能としては普通の一枚ガラスとあまり変わらない のです。

性能 防犯特性  写真 
高 

【合わせガラス】 

破片が飛び散らないため、破片によるケガ防止や、衝突した場合の貫通防止に使用。「安全」目的のもの、「防犯」目的のものがあります。

 
 

【複層ガラス(ペアガラス)】

2枚のガラスを破る手間と、ガラスまわりがシールドされているためガラスの破片を取り除きにくいことから、侵入に時間がかかり、やや防犯効果有り。 

アタッチ付ペア サッシ組込サンプル.jpg 

【強化ガラス】

人体の衝突など角のないものの衝撃に対しては高い強度があるが、
先のとがったものでは、カンタンに破壊できる。 

 

【網入り板ガラス】

防犯性能はフロート板ガラスとあまり変わらない。 

6.8ミリ網入型ガラス.jpg 
 低

【フロート板ガラス】

一般的な透明・一枚ガラス。
型板ガラスも破りやすさは同じ。 

単板サッシ組込サンプル.jpg 
 

日本板硝子の防犯ガラス『セキュオ』の構造は、合わせガラスです。
2枚のガラスのあいだに樹脂製の強靭な中間膜をはさみこんで接着し、一体化させたものです。
中間膜の厚みは、スタンダードなもので、 30ミル(=約0.8o)。
(さらにグレードの高い60ミル、90ミルのタイプもあります。)
この中間膜は切断が困難で かんたんには貫通せず、侵入に時間がかかります

防犯ガラスには『セキュオ』以外にもさまざまな種類がありますが、一般のお客様にとっては、その性能が適当なものかどうかはなかなか分かりにくいと思います。
一つの目安として、参考にできるのが、公的機関、民間団体による基準です。
『セキュオ』は、一定の厳しい試験をクリアし「防犯建物部品」に認定、公表されています。
(株)カナザワでは、信頼のおける『セキュオ』をおすすめしています。

 

ひらめきセキュオの切断は困難なため、当社に在庫はご用意しておりません。
  下見・採寸の上、ガラスメーカーに実寸法で注文しますので納期が一週間ほどかかります。